にんにくに関する情報満載

Garlic Information

にんにく栽培における肥料の与えかた

にんにく(学名Allium sativum)は、ネギ属に分類される多年草であります。
河川敷などに自生するノビルとはよく似ています。
タマネギやラッキョウとも近い関係にある植物です。
一般に食用とされるのは鱗茎の部分ですが、葉もスタミナ食材として使われることがあります。
栽培品種は地域によって異なります。
国内では青森県がにんにくの主産地として有名です。
植え付けは8月から10月ごろにかけて行います。
栽培をするためには、しっかりとした土作りが欠かせません。
土壌に有機肥料をすきこんで、微生物が活発に働く土を作ってあげてから植え付けをします。
追肥は11月ごろに行います。
さらに、年を越してからも追肥を行います。
にんにくが収穫できるのは、翌年の5月ごろになります。
栽培期間が長い野菜ですから、長期にわたって適切な管理をする必要があります。
肥料の与え方にはコツと経験が必要です。
うまくいくようになるには、数年間はかけて研究を重ねることが大切です。

にんにくの特徴について

にんにくの原産地は、中央アジアのキルギスと言われており、日本には中国経由で伝わったとされています。
ネギ属に分類され、多年生の球根植物であります。
春に茎を伸ばしますが、花が咲く前に花茎を刈り取ってしまいます。
これは、球根に養分を貯めておくようにするためで、刈り取った花茎はにんにくの芽として販売されています。
生産量が圧倒的に多いのが青森となり、品質、香り、味ともに優れています。
そのほかにも日本全国で収穫することが出来、全国各地で生産されており、手のひらくらいのジャンボサイズや中身が分球しない一片種、外皮が赤い最上赤といった様々な種類が収穫されています。
収穫のピークは6月頃となり、旬の時期は6月から8月にかけてとなります。
昔から滋養強壮や疲労回復に良いとされていますが、これは硫化アリルの一種アリシンという物質がビタミンB1の吸収を助けるためとなります。
また、コルジニンという成分も含まれており、この成分自体が疲労回復や新陳代謝促進作用があると言われています。
アリシンには、幅広い菌にも殺菌作用があると研究論文でも発表され、抗生物質として作用することが確認されています。
このアリシンは、独特の匂いの原因ともなっており、にんにくの組織が傷ついたときに、アイリンという物質とアリナーゼという物質が結合することによってアリシンが発生します。
よって、細かく砕くほどアリシンが多く発生し、食べたときにアリシンの匂いが口の中に付着してしまうのです。

Favorite

他社より実践的なスキルが身につくカリキュラム、サポート体制をご用意しております。

ハイパーマーケティングホールディングス

札幌市清田区で金の高価買取をしています

金 買取 札幌

季節のフルーツを使った限定スイーツもご用意しています。

誕生日ケーキを通販で購入するならこちら

加藤行俊の情報まとめ

加藤行俊

24時間365日対応。無料で送迎いたします

ペット火葬 福岡

Last update:2016/11/14


COPYRIGHT(C) Garlic Information ALL RIGHT RESERVED