にんにくに関する情報満載

Garlic Information

にんにくの病気を防ぐために注意すること

にんにくの栽培はそれほど難しくないと言われていますが、ポイントを押さえて栽培しないと病気になってしまうので、簡単と言われていても注意が必要です。
にんにくの栽培に酸性の強い土壌は不向きです。
植え付ける畝には土壌をアルカリ性にする石灰を入れて耕しておいてください。
また、にんにくは連作障害の出にくい作物ではありますが、念のため1年はにんにくの栽培をしていない畝に植え付けると良いでしょう。
植え付けの時期も重要です。
にんにくは9月から10月が植え付けに最適な時期です。
時期が早すぎると耐寒性が弱まり、病気の原因になるので、植え付け時期は守りましょう。
湿度もにんにくにとって大敵です。
湿度の高い環境は、さび病や葉枯病を引き起こす原因になるので、風通しの良い所で栽培しましょう。
虫害を防ぐには薬品を使う手もありますが、虫の種類によって効果のある薬品も異なり、適切な薬品を選ぶことが必要になります。
虫害対策には土壌や種子を消毒することも効果的です。
収穫は晴れの日に行いましょう。
雨の日に収穫すると保存中に黴が生えてしまう恐れがあります。

注目サイト

NOSSA

http://nossa.jpn.com/jp/

絵画の販売

http://art-asuka.com/

最終更新日:2015/4/7


COPYRIGHT(C) Garlic Information ALL RIGHT RESERVED