にんにくに関する情報満載

Garlic Information

にんにく栽培は連作できます

同じ畑で同じ作物を続けて栽培すると、連作障害が起きることがあります。
にんにくは、連作障害の出にくい作物です。
連作障害としてはモザイク病や黒腐菌核病、紅色根腐病などがありますが、数年の連作では問題ないとされています。
20年くらい連作するケースもあります。
栽培する際に、毎年追肥し、リン酸分、石灰分などを加え、土壌改良を続けると、収量性を高めることができます。
ただ、5〜6年目が一番効果的に収穫できることが多いようです。
にんにくの連作障害を更に出にくくするには、にんにくとネギや玉ネギ、イネ科の緑肥、ソルゴーなどとの輪作を行う方法もあります。
また、さらに被害の出にくい種類のにんにくを栽培する方法もあります。
ジャンボニンニクは、丈夫で、水はけが悪い場所でも栽培・収穫しやすい品種です。
以前ジャンボニンニクを栽培した場所でも問題ありません。
にんにくの植え付けは9月下旬から10月上旬で、5月下旬から6月中旬に収穫できます。

Favorite

Last update:2015/4/7


COPYRIGHT(C) Garlic Information ALL RIGHT RESERVED